ケアプロストの使い方、注意点など

ケアプロストの使い方

ケアプロストの使用方法はとても簡単ですので、特に神経質になる必要はありませんが、逆に雑に使いすぎたり、不衛生にすることで重大なトラブルの原因にもなりますので、最低限の注意は必要です。

 

 

 

ここでは、ケアプロストの基本的な使用方法をまとめていますので、説明書等を紛失したり、使用手順が分からないという場合に参考にしてください。

 

 

 

【ステップ1・薬を塗布する部分を清潔にしよう】

 

 

 

丈夫で濃く、ボリュームのあるまつ毛を育ててくれるケアプロストですが、塗布する部分に不純物が残っていては、せっかくの高い効果は半減するでしょう。
有効成分の効果を十分に得るためには、塗布する部分、つまり上瞼や目元周辺のアイメイクはもちろん、皮脂や汚れは綺麗に洗い流すようにしてください。

 

 

 

またコンタクトレンズを使用している方は、トラブルを少しでも回避するために、必ず外してからケアプロストを使用するようにしましょう。

 

 

 

【ステップ2・専用のアプリケーターを準備する】

 

 

 

ケアプロストは、点眼タイプであることから、まるで目薬でも差すかのように、ボトルから直接目の周辺に塗布する方がいますが、これでは大変危険です。
ピンポイントで塗布できないだけでなく、余分に排出された液体が、目の中や、耳、頬、口等に流れ入る危険性もあります。

 

 

 

これらの問題を回避するためにも、ケアプロスト専用のアプリケーターの購入をおススメします。
アプリケーターとは、まつ毛育毛薬専用のブラシのことで、爪楊枝ほどの小さく細長いスティックが、ケアプロストの液を必要な分だけ取り分けることができ、デリケートな瞼やまつ毛の生えてくる部分に安全に塗布できます。

 

 

 

ちなみに、ケアプロスト専用のアプリケーターは、1袋40本入りで、完全滅菌処理された1本ずつの密封包装となっています。

 

 

 

【ステップ3・なぞるように塗る】

 

 

 

アプリケーターの準備ができたら、薬液を先端に数滴つけ、上瞼側のまつ毛の付け根をなぞるように塗布してください。
ヒヤッとした冷たい感触があったら、有効成分が浸透している証拠です。

 

 

 

慣れるまでは、目の中に流れ込むような感覚がありますので、薬液をアプリケーターにつけすぎないようにしましょう。
万が一、塗りすぎたと感じたが場合は、コットンやティッシュなどで、優しくふき取るようにしてください。

 

 

 

まつ毛育毛薬のケアプロストは、1日1回を目安に使用しますが、おススメの塗布時間は、就寝前です。
成長ホルモンが活発になると言われている就寝前にケアプロストを塗布することで、高い効果を実感できると口コミ(クチコミ)でも多くの方が感じているようです。

 

 

 

また夜のスキンケアの後に使用するのが一般的ですが、ケアプロストを塗布する目の周辺は、その他の化粧水や乳液、美容液が完全に乾いた状態で使用することをおススメします。

 

 

 

【ステップ4・使用後の保管方法】

 

 

 

ケアプロストの保管方法ですが、湿度が低く涼しい場所での保管が説明書等に記載されていますので、高温多湿を避け清潔に保つように注意してください。
さらに使用期限については、開封後約1ヶ月となっていますので、この期間を目安に使用することをおススメします。