ケアプロストの使い方、注意点など

まつ毛育毛薬の種類と比較

 

 

現在、多くの女性が愛用しているまつ毛育毛薬は、色々とあります。
体質によっても効果は全く異なりますので、自分にあったものを選び使用することをおススメします。

 

 

 

また一定の継続使用が望ましいとされるまつ毛育毛薬ですから、安定した継続のためにも価格は重要な検討項目となるでしょう。
ここでは、いくつかのまつ毛育毛薬を紹介しますので、購入の際の参考にしてください。

 

 

 

【まつ毛育毛薬その1・ルミガン】

 

 

 

まつ毛育毛薬を世に広めたといいのが、「ルミガン」です。
ルミガンはケアプロストと比較されることが多いまつ毛育毛薬ですが、まつ毛美容薬と呼ぶところもあります。

 

 

 

効果については、ケアプロスト同様、口コミ(クチコミ)サイトでも高く評価されています。
ただし、専用のアプリケーター(まつ毛育毛薬専用ブラシ)がついていないため、別途購入する必要があります。

 

 

 

ルミガンの販売価格は、ショップによっても多少の差はありますが、1箱3,000円前後、アプリケーターが40本から60本入りの使い捨てタイプで800円から1,000円前後となります。
ラティースの後発医薬品(ジェネリック薬品)となるため、価格はグッと安くなります。

 

 

 

【まつ毛育毛薬その2・ケアプロスト】

 

 

 

ルミガンの後発医薬品、ジェネリック薬品として登場したのが、ケアプロストです。
ケアプロストの登場以来、ルミガンから使用を乗り換えている人も少なくありません。

 

 

 

その理由は価格です。
ルミガンの後発医薬品ですから、当然価格はグッと下がり、1箱2000円から3,000円程度。

 

 

 

ショップによっては、まとめ買い等を利用することで、1箱1500円から1700円程度まで下がるケースもあります。
効果については、ルミガンの有効成分と同じとなりますので、使用後の満足度については、問題ないでしょう。

 

 

 

ただ、ルミガン同様、ケアプロストにもアプリケーターがついていないため、別途購入の必要があります。

 

 

 

【まつ毛育毛薬その3・ラティース】

 

 

 

ルミガンよりもラティースの方を知っているという方も多いでしょう。
まつ毛育毛薬では、ルミガンとケアプロストと同じくらい、メジャーな商品で、専用のアプリケーターもセットになっているのが、人気の秘訣です。

 

 

 

ただ問題なのが、コスパの悪さです。
効果はまずまずなのですが、1箱10,000円前後となるため、安定的な継続使用はとても厳しい状況になります。

 

 

 

医療機関で処方してもらうまつ毛育毛薬の1箱1万5000円から2万円程度と比較するとやや安価にはなりますが、やはり毎月1万円の出費は難しいかもしれません。
以上がまつ毛育毛薬の代表的な商品ですが、価格や購入方法を比較検討し、自分に適した商品を使用するようにしてください。